米粉パンQ&A

米粉パンに合う【イースト】教えて!~親子パン教室よっちゃん先生~

米粉パンって難しいイメージ…
米粉パンにはどのイーストを使えばいい?
よっちゃん先生
よっちゃん先生
小麦パンと違って「乾燥に弱い」米粉パンはこの2つのイーストがお勧めだよ!

今回は、米粉パンにおすすめのイーストを2つ紹介します♪

米粉パンに【お勧め】イースト2選

米粉パンの特徴

  1. 乾燥によわく、でんぷんから水分が抜けやすい
  2. 手早く生地づくりが必要
  3. 発酵~焼成まで手早くすることで乾燥を防ぐ

米粉パン教室主宰のわたしがお勧めする

よっちゃん先生のお勧めは、この2つのイースト!

天然酵母(白神こだま酵母)

白神こだま酵母のメリットデメリット

  • 添加物一切なし!
  • 米粉パンに合う!米粉パンに使うと、ほんのり甘いくちどけになります。
  • 予備発酵が必要。
  • 発酵がややゆっくりなので時間がかかる。

白神こだま酵母のデメリットは、発酵にすこし時間がかかるという点。

天然酵母なので、穏やかな発酵なんですね^^

子育て中でいそがしい!
でも手作りパンを焼きたい。
よっちゃん先生
よっちゃん先生
忙しいひとなら、次の赤サフがお勧めです。

カルディにも売っているので、

店頭でも入手しやすいのがいい♪

インスタントドライイースト(赤サフ)

添加物一切なし!と記載している画像ですが、

すいません、赤サフはビタミンCと乳化剤がはいってます(;’∀’)

赤サフは世界中のベイカーに愛される

発酵力の強いイーストです!

米粉パンにとっての赤サフのメリットデメリットを紹介します。

赤サフのメリットデメリット

  • 予備発酵ナシ
  • パン作りにそのまま使える
  • 発酵力が強い

添加物がはいっている(ビタミンCと乳化剤)

赤サフには乳化剤など添加物が含まれますが

「発酵のチカラが安定している」と評判で、日本のパン屋さんでも赤サフをつかっているところは多いですね。

米粉パンビギナーさんなら、スムーズに発酵~焼成できる「赤サフ」がおすすめです!

【米粉パン】お勧めイーストまとめ

米粉パンをつくるなら、

発酵が安定している、スムーズに発酵出来て焼きまでもっていける!

  1. ドライの天然酵母(白神こだま酵母)
  2. インスタントドライイースト(赤サフ)

この2つがお勧めだよ!

特に予備発酵がない赤サフ。

ぜひ試してみてくださいね!

よっちゃん先生
よっちゃん先生
米粉パン初心者さん向けの記事は他にも!

>>>米粉パン【5倍おいしい続く】保存方法~親子パン教室よっちゃん先生~

米粉パン【5倍おいしい続く】保存方法~親子パン教室よっちゃん先生~ そう思ってる方は、米粉パンを焼いた後の保存方法に問題があるかも・・・ 焼立ての米粉パンの上に布巾をかぶせる 乾燥...
親子パン教室講師
よっちゃん先生

フォロワー2.5万人。

コロナ禍より子連れママの為のパン教室を開業。

初月より3ヶ月先まで満席となる。学童や公民館、イベント出張講師を多数経験し、2年半で2000名以上のママと関わる。Yahoo!ニュース、LINEニュース掲載、製菓材料店cottaが選ぶインフルエンサー100人にもノミネート。

オンラインで全国のママと子どものための「絵本と季節の米粉パン」づくりをスタート。

\ Follow me /